Visual GPS Insightsの情報をSEO戦略に用いる方法

 In iStock Solutions, カテゴリーなし

VisualGPS Insightsを見る

オンラインのコンテンツを制作している方は、多くの時間を費やしてSEOのことを考えているのではないでしょうか。自らマーケティングを担当するスモールビジネスのオーナーや、企業のチームのデジタルマーケターは、可能なかぎり多くの人たちにメッセージを発信しようと、日々、懸命に取り組んでいます。SEO(Search Engine Optimization)は、その取り組みに欠かせません。

SEOが大切な理由

SEOに費やす時間と労力は、新規顧客とつながるための生命線です。オンライン体験の68%は、検索エンジンで始まります。そのため、コンテンツを上位にもっていけるほど、成果が多くなります。

自社や競合のトラフィック分析、閲覧とクリックを促す用語の特定、トレンド把握、ずれの認識、そうしたずれを埋めるための適切なキーワードやフレーズでのコンテンツ制作といった目的で、たくさんの異なるツールやサービス、そしてプラットフォームをSEO業務の一環としてすでに使っているかもしれません。

ビジュアルについては?

Vector image of a woman smiling with a magnifying glass.
1329043161, Iiravega

先日、ゲッティイメージズのSEO部長を務めるMatt O’Suchが、SEOとビジュアルに関するコツを紹介し、誤った通説を打ち消す動画を公開しました。最重要事項は、ウェブ検索に一覧表示される項目から、Google NewsやGoogle Discover、画像検索のほか、多くのことにいたるまで、見込み客の前にコンテンツを出すあらゆる方法をフル活用するうえで、写真素材映像素材を含む高品質なビジュアルが欠かせないということです。

写真素材や映像素材の高画質ファイルに予算を投じる前には、その妥当性とタイミングについて、ブログの題名を熟考するときと同じくらいの自信をもっていたいものです。ところが、文章やキーワードのためのツールと同じように、ユーザーの興味に関するデータやビジュアルコンテンツのトレンドを掘り下げるための専用ツールがありませんでした。

VisualGPS Insightsの登場

An overview image of the VisualGPS Insights resource tool.
VisualGPS Insightsを見る

VisualGPS Insightsは、ゲッティイメージズが制作した全く新しいインタラクティブ・ツールです。ユーザーが興味をもつキーワードやフレーズをさまざまな期間にわたって業種別や地域別で調べることで、ビジュアルコンテンツの意思決定をさらにスマートに行いやすくします。ゲッティイメージズとiStockでの数百万件のユーザー検索からデータを引き出すVisualGPS Insightsは、関連性があり、意思決定の理由付けとなる知見を表出させて、わかりやすい図表とグラフィックをつうじて扱いやすくするものです。VisualGPS Insightsを使うことで、世界をリードするビジュアルコンテンツ・サプライヤーのゲッティイメージズで得られる豊富なデータにより、複数の業種や地域、そして期間にわたって、アイデアやコンセプトを考えたり、戦略を検証したりすることができます。

SEOの観点から見ると、それは、特定のキーワードやフレーズを調査し、特定の期間におけるユーザーの関心を業種別や地域別で掘り下げられるということです。このツールは、関連語と関連フレーズを表示して、あるコンセプトを検索するために特定のセグメントが使っているキーワードを的確に定めやすくしています。これにより、人気のビジュアル(写真、映像、イラスト)を理解して、そのコンセプトをセグメントがどのようにビジュアルで可視化しているのかがまさに“見える”ようになります。対象セグメントに期待されている具体的なニュアンスについて多くのデータを見つけられるほど、興味を惹くコンテンツを提供するために準備を整えられるようになります。

Visual GPS Insightsの情報をSEO戦略に用いる方法

A gif of a growth chart for how engagement changed over time using VisualGPS
VisualGPS Insightsを見る

経時的な関心

どんなときにお持ちのコンテンツの需要が高まるのでしょうか? 扱っている話題に関心が寄せられるのはいつなのでしょうか? VisualGPS Insightsでは、複数のコンセプトに対する関心とそのコンセプトを表現するために使われているビジュアルが時間の経過とともにどう変化しているのかを示すことで、エディトリアルカレンダーを計画しやすくなっています。関心の経時変化を示すグラフを使うと、先週や昨年など、選択した期間にわたる変化を確認することが可能です。時節に適した旬の画像や写真、そして映像を選択しましょう。

業種別の関心

あなたがメンタルヘルスに関するコンテンツを制作していて、テクノロジーの業種に焦点を当てているとしましょう。そこから、金融サービスの業種に移行したくなったとします。

  1. そんなときは、VisualGPS Insightsでメンタルヘルスを検索しましょう。そして、業種別の関心を選択するフィルターでテクノロジーを選択します。今度は、同じことを金融サービスで行います。
  2. 地域別の関心を示す地図では、世界のどの場所でその業種のユーザーがこの話題に最も興味を示しているのかを的確に確認できます。
  3. 次に人気のビジュアルを見てみましょう。さまざまな業種でこの話題を表現するために使われているビジュアルを見ることができます。今回の場合、テクノロジーの業種では、より抽象的で概念的なビジュアルや、多くのイラストが使われていることがわかります。金融サービスでも抽象的な表現がありますが、実際の人間も多く、相互にやり取りしている人たちに重点が置かれています。また、カウンセリングの間柄に関するコンセプトが多く見受けられます。全般的には、色が明るく雰囲気が軽いものになっています。

地域別の関心

あなたは、ビールを飲む人たちのビジュアルを中心に構築したコンテンツのシリーズを手がけるアメリカの広告代理店の人だとしましょう。次はヨーロッパをターゲットにしたいと考えています。

  1. そんなときは、地域別の関心を示す地図を使って、関連する関心を対象国で確認します。
  2. 画面下へスクロールすると、“beerに関連する検索用語”でユーザーによって検索された関連用語を確認できます。“bier”や“cerveza”をクリックすると、スペイン語やドイツ語で検索した人たちによる特定言語の興味をさらに感じ取ることができます。こうした違いから得られる情報は、SEOの判断に役立ちます。
  3. “beer”、“cerveza”、“bier”に関連する人気ビジュアルがかなり異なっていることに注目してみてください。地域の市場で使われている画像素材や映像素材がどのようなものなのか、よりよく理解できると思います。

こうした全てのことが、意思決定の理由付けとなる情報であり、SEO戦略での活用やビジュアルの立案に役立つものです。こうした実際のデータがあれば、企画概要で使えるほか、関係者との予算ミーティングで裏付けとなります。

SEOで意思決定の理由付けとなる知見

VisualGPS Insightsは新しく便利なツールであり、SEOの調査や戦略で画像素材と映像素材をスマートに選択するのに役立ちます。ここには、さまざまな業種や地域において類似コンセプトの表現で使われているビジュアルを調べて有意義な機会を明らかにする豊富なデータがあります。こうした違いを確認して理解できると、見る人にとって効果的なビジュアルを選択してクリックや関係構築の可能性を増やすことができます。

さっそくVisualGPS Insightsを無料で使ってみましょう。

この記事は役に立ちましたか?
この記事をシェアする
最新のアドバイスをiStockから受け取る
この記事も好きかも