iStock | 動画マーケティングを活用してブランド訴求力強化

 In iStockソリューション

479298203, simonkr

動画はもはやマーケティングツールの脇役などではありません。いまや消費者の半数以上 が支持するブランドや企業の動画コンテンツをもっと見たいと答えており、マーケティングに欠かせない要素となっています。アメリカの全インターネットユーザーのうち85%の人々がオンライン上の動画コンテンツを視聴しており、消費者の64%は製品の紹介動画を見たあとのほうが購入意志が高まると答えています。ブランドや企業はこれらのニーズを汲み、顧客獲得のために動画コンテンツをさらに展開すべき時代になっています。

高まりを見せる動画コンテンツの重要性

3807272_VideoMarketing_Rise.gif883096578, zxvisual

過去10年間で動画はその人気度や利用率、効果の面で大きく存在感を増し、現在YouTubeは世界で2番目の規模を持つ検索エンジンとなっています。消費者の動画に対する需要の高まりを受け、あらゆる企業は動画を使ったマーケティング戦略を見直しており、オーディエンスに訴求するための最も効果的な方策を探っていますが、現時点では動画マーケティングのプラットフォームとしてSNSに勝るものはないようです。

まずはSNSから

3807272_VideoMarketing_Impact.gif861892158, luza studios

すべてのプラットフォームで今日的な動画を活用すべきですが、これはSNSではとりわけ効果的となります。SNSは注目が持続するスパンが短く、ユーザーのフィードは過多状態にありますので、ユーザーの興味を引くフォーマットで生き生きとしたビジュアルを提示することが重要になります。そのためには、SNSに最適化された動画がカギになります。動画マーケティングの重要性に気づかせてくれる統計データを以下に紹介します。

SNSでのエンゲージメントを高めるにあたり、動画は最も効果的な方法といえます。もしエンゲージメント率の低迷にお悩みなら、iStockの超高画質4K映像コンテンツを検討してみましょう。4KはSNSにおける標準ですので、まだ4Kを利用していないのなら、今こそ時代の流れに追いつくべきです。4Kを利用すれば、モバイル機器を利用してSNSにアクセスする全世界36億人ものユーザーへ向けてどのデバイスでも美麗な映像体験を提示できることになります。

4Kで差をつける

3807272_VideoMarketing_StandOut.gif876044748, Yagi-Studio

4Kという呼称の由来は、通常の1080p映像に比べ4倍のピクセル解像度となっている点にあります。4K映像はHD以上の超高画質で表示されるため、視聴される端末を問わず際立った印象的なビジュアル体験を提供します。とりわけ、今後登場する高解像度ディスプレイ搭載デバイスは4Kに対応していくので、時代に先んじてこれからの標準に合わせておくのは重要といえます。貴社のブランディング活動全体に調和する高いレベルのクリエイティブ実現するには、映像のクオリティもその水準に達している必要があります。しかも予算内で。

インスピレーションを見つける

3807272_VideoMarketing_Inspiring.gif944194686, commandoXphoto

iStockでは4Kの超高精細映像もHDと同じ価格で販売されていますので、どのようなフォーマットが必要な場合もすべて安心の同価格で提供されています。iStockでは様々な用途に利用可能な多様な映像を提供しています。消費者向けの使い方映像からブランド(または小規模ビジネスやクライアント向け)のプロモーション映像まで、用途を問わず、目を引く高品質なコンテンツが簡単に見つかります。文字情報のみの場合、全体の10%しかメッセージを記憶しない一方で、映像での情報では実に95%がメッセージを記憶するという統計データもあります。オーディエンスや顧客の目にとまり記憶に残るために、本格的な映像コンテンツはかつてないほど重要になっているのです。iStockでは、顧客が思わずスクロールの手を止める映像を見つけるのは、とても簡単です。iStockの優れた映像コレクションに加え、iStockのスタッフがキュレーションしたボードにはビジネスからヘルスケアまでありとあらゆるジャンルを網羅する写真や映像、イラスト素材などを用意しています。ウェブサイトのコンバージョン率を高め、自社ブランドの存在感を際立たせるコンテンツを活用して顧客の関心を惹きつけましょう。

この記事は役に立ちましたか?
この記事をシェアする
最新のアドバイスをiStockから受け取る
この記事も好きかも