決定版:スモールビジネスがやるべきマーケティング

 In iStockソリューション

1201190411, PeopleImages

(この記事の外部リンク先はすべて英語サイトになります)
顧客のニーズをつかむことは、ビジネスのサイズに関わらず重要なことですが、より負担を強いられるのは、予算と人員がはるかに少ないスモールビジネスでしょう。どんなビジネスにも成否を分ける要因は数多くある一方で、立ち上げから数年以内の場合ではとくに、マーケディングがその最たるものになります。

現代の顧客が高品質のビジュアルコンテンツを求めていることは、データで裏付けられており、画像付きのコンテンツでは、文章だけのコンテンツに比べて、エンゲージメントが650%高くなることがわかっています。ビジュアルによるインプレッションは、情報を埋もらせることなく発信するためだけでなく、顧客基盤の構築や、リピーターの育成に役立ちます。幸い、多くの予算がなくても、自然な印象を生み出す効果的なビジュアルを利用することは可能です。

このページでは、知名度アップ、顧客との関係構築、そしてコンバージョン率の向上にスモールビジネスが活かせる5つのマーケティング戦略をまとめました。その実現に向けたiStockの活用方法もあわせてご案内します。

1. ウェブサイト

327748_SmallBiz_Sub1.jpg1009699794, Oksana Raievska

インターネットで顧客を出迎える窓口として、ウェブサイトは信頼構築に役立ちます。メールや広告キャンペーンからアクセスできる場所であり、顧客の理解を深め、サービス展開の向上を図ることができます。ウェブサイトは、競合に差をつけることのできる手段でもあり、検索順位では、それが顕著です。ソーシャルメディア戦略では、Facebookのページが欠かせませんが、後述する通り、本格的なウェブサイトの代わりにはなりません。

使用を検討したいビジュアル

  • 「iStockのおすすめ素材 」:ウェブサイトはブランドの方向性を反映していて、しっかりとした見た目でなければなりません。iStockのプラス(Signature)コレクションには、好印象を与えるウェブサイト作りに役立つビジュアルが収録されています。
  • ユーザーインターフェース要素:一からウェブサイトをデザインする場合は、ワイヤーフレームやアイコンなど、インタフェースに必要な要素一式を使って時間を節約しましょう。

2. メール

327748_SmallBiz_Sub2.jpg1133789397, Jane_Kelly

メールマーケティングの効果について、ご存じでしょうか? 費用1ドルごとに44ドルの利益が生まれ、平均でSNSよりもコンバーションが174%多くなります。メールを利用することで、受け手ごとに異なる情報を提供して、開封率やクリック率のさらなる向上を図ることができます。

使用を検討したいビジュアル

  • ベクター形式のテンプレート:本格的なデザインと監修のもと制作された素材を使って、メールの作成時間を節約しましょう。メインイメージ、バナー、添付、ヘッダーなどにそのまま使うことはもちろん、招待状やセール案内のほか、さまざまな用途に合わせて素材に変更を加えることも可能です。
  • アイコン:人間の脳は、文章よりも画像による情報をすばやく処理します。言語に関係なく使用できるアイコンは、伝えたい情報を言葉に頼らず効果的に表現できるツールです。数多くのタイプやスタイルのアイコンがあるので、ブランドに適したものを利用することができます。

3. SNS

GettyImages-1097823322-2.jpg1097823322, YakobchukOlena

Facebookのページはウェブサイトの代わりとしては不十分かもしれませんが、それでもエンゲージメントを高めるのに欠かせないツールです。2018~2019年に実施されたPew Research Centerの研究によると、アメリカの成人の69%がFacebookを使用していることを明らかにしました。その内の74%がFacebookを少なくとも1日1回チェックしています。当然ながら、フォロワー次第では別のSNSを利用したほうが、ブランドのニーズに合うことがあります。Twitter、Instagram、Pinterest、LinkedIn、Snapchat、もしくは複数のSNSを組み合わせることも検討しましょう。知名度を高め、顧客とのつながりを築き、コンバージョン率も向上させるには、顧客がどんなSNSを利用していても、積極的な更新を行うことが重要です。

使用を検討したいビジュアル

  • 「iStockのおすすめ素材 」:SNSで見栄えを良くするために多くの費用は必要ありません。iStockのベーシック(Essentials)コレクションには日常的に使用するビジュアル素材がまとまっているので、自然な印象を与える質の高いSNS用コンテンツを制作するのにぴったりです。いずれのビジュアル素材も利用しやすい価格に設定されています。
  • イラスト:ニーズに合わせて編集やカスタマイズが簡単に行えるiStockのイラストやベクター画像は、写真ばかりが使われている状況では、顧客の意識をつかみやすくなります。抽象的な情報を伝えるときにも便利です。

4. 有料検索

327748_SmallBiz_Sub4.jpg980632588, sorbetto

自分たちのブランドを顧客に見つけてもらえるようにすることは、非常に大切です。地域情報を検索する人たちの72%は、8km圏内の店を訪れると言われてます。Google広告では文章に加えてビジュアルを表示させるサービスを提供しているので、同地域にいる競合に差をつけて顧客の意識をつかむチャンスです。

使用を検討したいビジュアル

  • 「iStockのおすすめ素材」:ウェブサイトで使用する写真と同様、検索結果に表示されるビジュアルでもブランドの方向性を示したいところです。プラス(Signature)コレクションを検索して、自分たちのブランドが顧客に見つけてもらえるようなビジュアル素材を見つけてみましょう。
  • 背景用イラスト:複数のマーケディング資料で背景を統一していれば、一貫性のある効果的なイメージを形成しやすくなります。つまり、背景に使うビジュアルは、ブランドのイメージを定着させるものとして利用することができます。

5. リマーケティング

327748_SmallBiz_Sub5-3.jpg1151603961, rambo182 | 477165636, rustemgurler | 1126612598, ArnaPhoto | 1092918248, GeorgeManga | 1146511178, MicroStockHub | 1157967013, Turgay Malikli | 1176451173, amtitus | 1081911648, Enis Aksoy | 1175043035, FARBAI | 1145171942, Brankospejs | 1154049243, Volodymyr Kotoshchuk | 1152936416, bortonia | 872742562, bortonia

広告を見る見込み客が多いほど、クリック率が低くなるものの、コンバージョン率は高くなることがわかっています。ここでも、画像付きの広告のほうが文章だけの広告よりも優れた成果を出します。

画像付きの広告にすることで、ブランドの認知度を高めやすくなるほか、未購入のままウェブサイトを離脱する人たちの一部を改めてつかまえやすくなります。「購入を行ってくれない」、「ブログの定期購読に登録してくれない」など、希望通りの行動を顧客にとってもらえない主な原因を考えて、その原因に対処するための画像を使うようにしましょう。たとえば、急いで行動を起こして欲しい場合は、カウントダウンや時計の画像を使うことができます。

使用を検討したいビジュアル

  • テクスチャー/パターン:それほど画像を前面に押し出したくないときや、文章が画像に適していないときもあると思います。テクスチャーやパターンの画像を広告の背景に使うと、視覚的に魅力が増して、広告が目立ちやすくなります。
  • 背景写真:抽象的な写真は文章の邪魔にならないだけでなく、奥行きやテクスチャーを表現し、平凡な印象に陥ることなくブランドに適した広告を実現できます。

マーケティング用の画像をすばやく編集可能なiStockのツール

525194223, tulcarion

iStockでは、画像素材を本格的にデザインするための便利なツールが利用できます。写真編集を簡単に行えるiStockエディターを使うと、画像をSNSやブランドの規定に適したサイズに変更したり、メインイメージとして設置したときにどんな印象になるかチェックしたりすることが可能です。

iStockのプラグインを使えば、Adobe Creative Cloudの操作画面内でビジュアル素材を検索してカンプ素材を直接ダウンロードすることができます。ウェブブラウザに画面を切り替える必要がありません。

ビジュアル素材を最終的に購入するまえでも、デザインの仕上がりを確認することができるため、ビジネスの発展に欠かせないマーケティング施策で効率的に作業を進められます。

5つのマーケティング戦略を実践しよう

GettyImages-973754028-2.jpg973754028, EXTREME-PHOTOGRAPHER

スモールビジネスが顧客の意識をとらえて売上増加に貢献するコンテンツを制作するために、必要な画像素材を常に使えるプランになっているか確認しておきましょう

この記事は役に立ちましたか?
この記事をシェアする
最新のアドバイスをiStockから受け取る
この記事も好きかも