ファンを獲得してオンラインでの成果を高めるには? リアリティの重要性

 In iStockソリューション

1171924815, Chalffy想像してみてください。最新のオンラインコンテンツを公開するボタンを押す瞬間がついにやってきました。対象となる閲覧者を調査し、目標を明確に定めているほか、ターゲットとなるペルソナも設定済みです。伝えようとしているメッセージには説得力があり、上司や法務部からの承認も得ることができました。ページをアップして、輝かしいデジタルコンテンツを仕上げた達成感に酔いしれる準備は万全です。でも、待ってください!インターネットは、一見良さそうなのに成果の出ていないウェブサイトで溢れています。調査によれば、閲覧者の注意を引きつける時間は15秒にも満たないと言われています。では、ウェブサイトを際立たせて、閲覧者を引きつけるにはどうすればいいのでしょうか? そしてコンバージョンとリピーターを獲得するにはどうすればいいのでしょうか?

自然な印象でページビュー数を増やす

画面を素早くスクロールする閲覧者から注目を集めるにあたって、つながりを感じられるビジュアルを取り入れると大きな違いが生まれます。注意力の持続時間が短く、Instagramのストーリーズが人気の現代において、人目を引く本物の画像を使って、視聴者の生活や視点に忠実なコンテンツを作成することが大切です。なぜでしょうか? それは、現実に即した自然な印象のビジュアルには、感情的な共感を呼び起こす力があるからです。

リアリティで共感を呼ぶ

平均的な消費者は毎日4千~1万件の広告を見ている今、その中から抜きん出ることはこれまで以上に難しくなっています。多くのマーケターにとって、リアリティを損なうような演出をしないほうが成功につながると証明されています。それには真っ当な理由があります。消費者の90%は、自分の指示する好みのブランドかどうかを判断するときに、現実に即した自然な印象を重要視すると述べていることが、2019年の調査でわかっています。この数字は、86%だった2017年から上昇しています。編集ソフトで多くの手が加えられたり、リアリティの損なわれるフィルターを使用したり、過度に演出された画像は、すぐに見破られます。フェイクな雰囲気を醸し出し、数多のメディアの中に埋もれてしまうのです。現実に即した偽りのないビジュアルは、洗練されていなかったり、荒削りであったりしますが、そういった性質こそがリアリティを感じさせます。

自然な印象のビジュアルとは?

自然な印象のビジュアルには、親近感と人間味を感じさせます。人物、場所、状況など、そこに描かれるものは、あたかも自分のことや、自分の望む光景が描かれていると見た人に感じさせます。それは、言いようのない感情的なきらめきを呼び起こすものであり、発信しているメッセージや製品、そしてブランドに対して個人的な共感を生み出すものです。誰もが切望する顧客エンゲージメントですが、それに相当するのがこの情緒反応です。理想的にはそこから、信用、信頼、賞賛といった感情が生じます。現実に即してるというのは、単に現実を写したものであればいいわけではありません。確かに写真は、目に写る光景をとらえるものですが、それは、イラストや映像、さらにはモーショングラフィックスにも言えることです。どのような形式のビジュアルであっても、コンテンツと対象となる消費者にふさわしいものにしましょう。誰にでも当てはまる普通の日常や、一生に一度の瞬間をとらえたものです。最大限に効果を発揮すれば、撮影やセレクション、そしてデザインが本格的な印象になります

リアリティを表現するビジュアルが見つかる場所

親近感と憧れを喚起する独特のビジュアル。そんな感情の高ぶらせる逸品は、一体どこで見つかるのでしょうか

究極のフォトリアリズムを目指すなら、自分で撮影してもいいかもしれません。プロの写真家やイラストレーターを雇うこともできますが、高額な価格設定と少ない選択肢、そして納期の厳しさなどが問題になるでしょう。もっと簡単で費用対効果の高い方法があります。アーティスト、キュレーター、リサーチャーといった人たちの専門性を活かす方法です。

自然な印象のビジュアル提供するiStock

iStockでは、真、映像、CGなど、注目を集めて心に響く独占ビジュアル素材を多く提供しています。世界的なネットワークを形成するフォトグラファーやアーティストが業界をリードするクリエイティブチームのアートディレクションとアドバイスのもと撮影を行い、自然な印象のビジュアルを容易に利用できるようにしています。まとめ買いするほどお得なクレジットパックを購入しておけば、リアリティを感じるビジュアルがコンテンツ制作で必要なときにいつでも利用できます。

Was this article helpful?
Share this article
最新のアドバイスをiStockから受け取る
この記事も好きかも