クリエイティブ戦略に映像が不可欠な理由

 In iStockソリューション, おすすめ活用例

1341661060, brightstars | 1214808306, RLT_Images

映像コンテンツの作成は、ビジネスにとって大変なタスクに思えるかもしれません。あなたのブランドは、タイムライン、帯域幅、費用について躊躇しているかもしれません。しかし、映像はオーディエンスとつながり、エンゲージメントを高める最も強力な方法の1つであるため、動画を作成することでビジネスに大きな変化を起こすことができるのです。本記事では、映像がどのようにして大きなROI(費用対効果)をもたらすかを説明します。

また、iStockは4K映像を含む素晴らしく魅せられる映像を提供しているため、検索や編集、投稿するのと同じくらい簡単に映像コンテンツが作成できます。iStockの新しいプレミアム+ビデオプランなら、必要な映像素材の継続的なライセンス契約も簡単です。

映像を活用してマーケティングをレベルアップ

映像は楽しませるために作られた手段に過ぎないと思われやすいですが、ブランドにとって戦略的なマーケティングツールとなるためのヒントをいくつかご紹介します。

  • メッセージを伝える:Wordstreamによると、人は映像の内容の95%を覚えているのに対し、記事で読んだ場合は10%程度しか覚えていないといいます。
  • 一歩先を行く:モバイル端末で視聴される映像の量は年々増加しており、100%に達することも少なくありません。(Insivia)
  • 競合他社に遅れをとらない:平均して、企業は毎月18本の映像を公開しており、自社で映像を公開することは競争力の維持に役立ちます。(HubSpot)
  • コンテンツの将来性を確保する:2022年までに、オンライン動画が消費者の通信量全体の82%以上を占めるようになると予測されています。(Cisco)
  • メッセージの焦点を絞る:2分以内の動画が最もエンゲージメントが高くなります。(Wistia)
  • 真の費用対効果を得る:映像マーケターの87%が、映像がリードを生成し、製品やサービスの購入を促すなど、費用対効果が得られると報告しています。(HubSpot)

iStockがどう役立つか:私たちは常にギャラリーを更新し、新作コレクションを厳選することで、皆さんにインスピレーションを提供しています。さらに、再生時間、解像度(4KまたはHD)、民族などで絞り込めるスマート検索ツールで、理想にぴったりの映像を見つけることができます。

映像を活用してソーシャルメディア上で目立つ

専用の映像戦略を立てることは、ブランドにとって素晴らしい動きであるだけでなく、ソーシャルメディア上で目立つための強力な方法となります。Hubspotによると、93%のブランドがSNSで映像を共有することにより新規顧客を獲得しています。その理由は、映像を使ったソーシャルの投稿は48%も閲覧数が増えるからであり、G2 Crowdによると、シェア数が大幅に増加する可能性もあるといいます。それでは、FacebookからTwitter、その他のSNSまで、映像をどのように活用できるのか、各プラットフォームの基本統計を見ていきましょう。

Facebook

  • Facebook上の動画再生回数は1日80億回以上。(TechCrunch)

  • Facebookのアンケート回答者の62%が、Facebookストーリーで見た後に、その製品に興味を持ったと回答。(Hootsuite)
  • Facebook上の動画の85%は、音声なしで視聴されています。(Digiday)

Twitter

  • Twitter上の動画再生回数は、1日20億回以上。(Twitter)
  • Twitterでは、映像が3倍高い頻度でリツイートされています。

Instagram

  • Instagramユーザーは、平均で1日30分近く同プラットフォームを閲覧しています。 (eMarketer)
  • 47%の消費者が、Instagram広告を見て商品を購入しています。(Animoto)

  • Instagramストーリーズの60%は、音声有りで視聴されています。(Hootsuite)

LinkedIn

  • LinkedInでの映像マーケティングキャンペーンは、50%もの視聴率を生みます。(LinkedIn)
  • LinkedInのフィードでは、他のコンテンツフォーマットよりも動画が20倍も多く共有されています。(LinkedIn)
  • LinkedIn動画の最適な長さは45秒ですが、より長いビデオも強力なエンゲージメントを促すことができます。(LinkedIn)

iStockがどう役立つか:ライフスタイル”、“フィットネス”、“食べ物”、あるいは“家族”など、どんなテーマで始めるにせよ、“本物らしさ”が重要であることを忘れないでください。幸いにも、ゲッティイメージズのチームは、リアルに感じられ、多くの人の心に響くような画像を厳選しています。

映像があらゆるチャンネルのエンゲージメントを促進

オーディエンスがどこで見ていようと、あなたのビジネスがB2B、あるいはB2Cのどちらのアプローチを取っていようと、映像は真摯なエンゲージメントを促進するのに役立ちます。例えば、

  • メールに動画を追加するとクリック率が300%増加します。(HubSpot)
  • モバイル端末で動画を視聴するユーザーの92%が、その動画をシェアしています。(Forbes)
  • 人々は動画があるページでは、ないページに比べて平均2.6倍以上の時間を費やしています。(Wistia)
  • 動画を含むウェブサイトは、Googleで検索結果の1ページ目に53倍の確率で表示されやすくなります。(Insivia)
  • 10人中6人が、テレビよりもオンライン動画を見たいと考えています。(Google)
  • YouTubeで1日あたりに動画が視聴される時間の合計は、10億時間以上です。(YouTube)

iStockがどう役立つか:iStockの幅広い映像素材はすべてロイヤリティフリーであり、ライセンス契約条件の範囲内であれば、さまざまなプロジェクトに何度でも使用することができます。つまり、ブログやウェブサイト、ソーシャルチャンネル、その他のコンテンツで使用するために、数百万点もの映像素材の中から選ぶことができるのです。

映像で消費者とつながる

もし、あなたのブランドがB2Cの顧客をターゲットにしている場合、映像は売上の促進につながる非常に強力なチャンネルとなります。YouGovによると、72%の消費者は製品やサービスについて、動画で知りたいと考えているといいます。そして、Invideoの調査では54%の消費者が、ブランドによる動画コンテンツをもっと見たいと感じていることが分かりました。さらに、64%の消費者が、ソーシャルネットワークで動画を見た後、実際に商品の購入に至るという結果が出ています (Wordstream)。映像は顧客の心に響くだけでなく、顧客はおそらくもっと映像を見たいと思っているはずです。

iStockがどう役立つか:自然”や“ニューヨーク”のような場所別映像ギャラリーから、 “旅行”、“冒険”、“スポーツ”、“建築”といった特定のギャラリーまで、私たちの豊富なコレクションでさまざまなオーディエンスにアピールできます。

B2Bの顧客に映像で価値を提供する

企業が顧客である以上、製品やサービスの真の戦術的な価値を見せる必要があります。しかしエグゼクティブとは忙しいもので、Wordstreamによると彼らのうち59%は文字を読むより動画を見たいと考えているそうです。Forbesの調査によると、企業顧客は動画を見た後にサイトをクリックする確率が65%高いそうです。つまり、映像はエンターテインメントのためだけでなく、優れた企業向けツールにもなり得るということです。

iStockがどう役立つか:ビジネス/金融関連や、科学/テクノロジーに焦点を当てた映像素材など、豊富なコレクションをご覧ください。また、抽象的な映像は効果的なムードを演出し、複雑なメッセージを伝えるための魅力的な視覚的背景となります。

映像で大きな変化をもたらす

2022_iS_WhyVideoisaMustHave-sub-6.gif

1098010184, SolStock

映像はオーディエンスを惹きつけ、ブランドメッセージを定着させる最も効果的な方法の1つであることに変わりはありません。また、オーガニックなソーシャルシェアを通じてメッセージを広く伝えることができる優れた手段でもあります。1本の映像を創意を凝らして練り直し、チャンネルを越えて再利用することで、わずかな投資を無限の可能性に変えることができます。

最初から最後まで行う映像撮影の費用を省き、4K/HD映像、クリップ、写真を含むiStockの豊富なコレクションで傑作ビジュアルを作成し、iStockビデオエディターという強力なツールを活用して、独自の映像を完成させましょう。

この記事は役に立ちましたか?
この記事をシェアする
最新のアドバイスをiStockから受け取る
この記事も好きかも